キャッシングの審査基準に不安なら借入診断を使おう

キャッシングの借入診断とはどういうものなのか

キャッシングを調べて公式ページなどを見てみると、借入診断や仮審査と呼ばれるサービスを提供している場合もあります。
どちらも同じ意味であり、キャッシングを利用する時には審査基準を満たして審査を通過しなければお金を借りる事が出来ないですが、急いでいる時には審査で時間を使ったにも拘らずに融資不可と判断されたのでは時間が無駄になってしまいます。
そんな時にこそ借入診断を利用するのがオススメであり、審査基準を満たしているかどうかを簡単に知る事が出来ます。
簡単な必要事項を入力するだけですぐに診断結果を知る事が出来、ほとんど手間もかからないです。
あくまでも簡易の審査という事になるので、この診断結果で融資可能と診断されても本審査では融資不可能と判断される場合もあります。
しかし、最低限の審査基準を満たしているかどうかを判別するのには役立ち、借入診断で融資不可と判断された場合は申し込みをしても審査を通過する事が出来る可能性は無いと言っても良いので、審査を受ける時間を節約する事が出来ます。
即日キャッシングで急いで借入れたい時にこそ、利用して最低限の審査基準を満たしているかどうかを調べるのにオススメです。

 

借入診断ならば履歴を汚さずに済む

即日キャッシングを申し込む際に気をつけなければならない事の一つが申し込みブラックです。
申し込みブラックと言うのは、短期間の間に何度も申し込みをした人の事を言います。
1,2度程度の申し込みであればそこまでの影響はないですが、あまりにも審査に落とされているようであると、その履歴を調べた時にたとえ審査基準を満たしていたとしてもこの人に貸すのは何か問題があるのではないかと判断されて審査に悪影響を与えてしまう事もあります。
厳密にどの程度申込履歴があるとダメであるのかは各業者の判断によるので、申込んだらいけない数に明確な審査基準はないです。
しかし、出来る限りは申し込み履歴として残さないように、申込件数はなるべく抑えるようにするのがオススメです。
そして、そのためには自分の状況を客観的に見て、自分の状況に合った審査基準となっている即日キャッシングに申込む事も大切ですが、審査基準は公開されていないために正確な結果が事前に分かる訳では無く、借入診断を利用する事でもある程度は申し込みをして履歴を汚してしまう可能性を少なく出来ます。
多少の時間が必要となりますがそれほどは時間がかからないので、即日キャッシングに申し込む前には時間の無駄とは考えずに診断をしてみた方が良いです。

 

借入診断は簡易審査なので本審査と一致するとは限らない

即日キャッシングを利用する時に借入診断を利用すると、融資不可と診断された場合には申込み履歴を汚さなくて済み、審査で時間を無駄にしなくて済むので不安であれば申し込む前に調べてみるのがオススメです。
ただし、診断結果で融資可能と出た場合でも、本審査では融資不可と判断されてしまう事はあります。
診断では簡易の審査しか出来ておらず、細かい審査は行えないです。
どういった項目を入力する必要があるのかはその診断によっても多少は異なりますが、年収や年齢、他社での借入額などの簡単な情報のみとなります。
そのために、借入診断では融資可能と判断されたとしても、本審査でもっと詳細に調べてみると審査基準を満たせておらず、融資不可と判断されてしまう事もあるのです。
融資可能と診断されても借りられない事もあるのであれば、時間の無駄にしかならないのではないかと考える人もいますが、簡易審査で融資不可となった場合は申し込んでも変わるとは考えにくく、融資不可と診断された場合は最初に述べたようなメリットもあります。
無駄かどうかを判断するのはその人次第ではありますが、即日キャッシングの審査を通過できる自信があるのであればやらなければ良いし、不安であるのであれば診断は行っておくのがオススメです。

 

どのような人は借入診断をした方が良いのか

 

即日キャッシングを借りる際に診断を受けるかどうかは本人次第となります。
人によっては即日でお金を借りなければならないのに、融資可能と出ても借りられない事もあるのであれば時間の無駄だと思う人もいますが、その一方で診断を受ける事である程度安心出来たり、審査の時間を無駄にせずに済んだという人もいます。
診断するかどうかは自己判断ではありますが、他社での借入が既にある人は診断を受けてみた方が良いです。
他社での借入状況については誤魔化せるものでは無く、信用情報を調べれば嘘をついてもすぐに分かってしまいます。
他社での借入額は審査に非常に大きな影響があるので、そういう人は審査を通過できるかどうかは即日キャッシングの審査基準に大きく左右されるのです。
特に年収が低いか年収に対して借入れている額が大きい場合は融資してもらう事が難しくなってくるので、申し込みをしようとしているのであれば診断を受けてからにした方が良いです。
時間の無駄になる可能性があるとは言ってもほんの少しの必要事項の入力だけで済むので、融資可能かどうかの判断が難しい人は総合的に見れば診断を受ける事によるメリットの方が大きいです。

タグ

業者から見たアコムの理念

アコムの前身の「丸糸呉服店」を創業者の木下政雄が神戸に開業したのは戦前の1936年のことでした。

そして、終戦直後の1948年に木下政雄は神戸市灘区に「丸糸商店」という商号で質屋を開業します。

木下政雄がそのまま「丸糸商店」という質屋の営業を続けていたとしたら、アコムは誕生しなかったかもしれません。

或いは、神戸では有名な質屋になっていたかもしれません。

只、いずれにしても現在のアコムの様な、東京証券取引所第1部上場の大企業には成っていなかったでしょう。

転機が訪れたのは1960年でした。

木下政雄は1960年に神戸の繁華街である元町で、勤人信用貸という新しいビジネスを始めます。

恐らく木下政雄は質屋の将来性に疑問を持ったに違いありません。

商売をやる人間にとって、本業が好調な時に他の商売に手を出すことはありません。

それも当時は全く無かった新しいスタイルである勤人信用貸という新しいビジネスでした。

当時は無担保で勤め人にお金を融資するスタイルはありませんでした。

当時、勤め人が小口資金が必要な場合は、質屋に行くしか方法はありませんでした。

この時、木下政雄が考えた勤人信用貸という新しいビジネスは、その後のサラリーマン金融の原型になるビジネスモデルでした。

従って、アコムでは既にこの時代に、アコムの理念の原型は出来上がっていたことになります。

只、この時点で木下政雄が、勤人信用貸という新しいビジネススタイルの将来を予測していたとは思えません。

その後、勤人信用貸が後にサラリーマン金融という名で全国を席巻し、木下政雄は1978年にサラ金会社の「マルイト」をアコム㈱として再出発させます。

現在でもアコムの大株主の中に「丸糸殖産」と「マルイト」という社名が残っているのは当時の名残と言えます。

従って、消費者金融会社としてのアコムの理念は、既に1960年に出来上がっていたことになります。

タグ

アコムの利用感想

若かれし頃に一度だけ利用した事があります。正直な感想をお伝えしようと思います。お店の対応とすれば最悪と言ったところでしょうか。

 

良くも悪くもありませんが、私の利用した場所はとてもじゃないけれど接客と言えない態度でした。きちんとした教育がされて居ないのか利用者からしてみればもう二度と使わないと思いました。

 

お客が来て当たり前みたいな顔を平気でしていて不愉快な思いをしました。消費者金融として、そこのお店は終わりだなとまで思ってしまいました。

 

見てる方は見てるのですね、数年後にはお店は潰れて他の業者が買い取っていました。きっと私の思いと同じ思いをした方が居て客足が途絶えての結果だと思います。いい思い出がなくホントすみません。

タグ

即日審査で救われました

以前まとまった現金が、急に必要になりクレジットカードのカードローンの借り入れでも足りずに、アコム

を利用した経験があります。当時はテレビで無人君

というCMが放映されていて、無人の店舗で借り入れができることを知っていました。繁華街にあった

アコムの無人店舗に入って奥にあったカウンターに

座って、モニターを見ながら流れてくる音声に

したがって、個人情報を入力していきました。

本人確認のため、運転免許書が必要でした。

その場で審査がとおり、たしか30万円借り入れることが出来ました。その場で借り入れができたのは

ほんとうに助かりました。その後返済時期を忘れて

入金しなかったことがあり、携帯電話に女性の

オペレーターから電話がはいりました。丁寧な

応対でした。アコムは消費者金融のなかでは対応のいい会社だと感じています。

タグ

最新情報

2016年4月29日キャッシングの基礎知識
キャッシングの審査基準に不安なら借入診断を使おう
2013年7月4日業者から見たアコムの理念
業者から見たアコムの理念
2013年2月6日アコムの利用感想
アコムの利用感想
2013年2月6日アコムの口コミ情報
即日審査で救われました

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ